【後】レッジョのトラットリア2012年04月06日 22:56

(2012月1月5日:Reggio di Calabria)

レッジョでは中央駅近くのホテルをとったのだが、夕食をゆっくりとれるような店が見つからずに苦労した。ドゥオモ近辺でも、見つかるのは切り売りピザなどのファストフード系ばかり。
ガイドブックをみても、紹介されているのは街のずっと北の方ばかりで、リド駅の近くのものしか載っていない。当初は仕方なくホテルのレストランで食事をとったのだけれど、案の定、残念な感じになってしまった。

そんな中、3晩目でようやく見つけたのが写真の店だった。ドゥオモより東側に坂道を登ったあたり。まだ明るいうちの散策で見つけた店で、まだ開店前の外観だけで一目惚れ。今夜はここしかないと決めた。

この店では、グラスでイタリア各地のワインが頼める。一杯6~9ユーロくらい。
私は、カラブリア産の☆印が付いてたやつを頼んでみた。一口目、強烈な渋みだけが口いっぱいに広がって「何だこりゃ?」と思った。が、その直後にガツンという旨みが来た。
何とも荒々しい感じだったけれど、久しぶりにちゃんとしたワインを飲ませてもらった気がする。
私は酒飲みの割にワインに対するこだわりがなく、ひたすらテキトーに飲んでいるだけなのだが、なるほどこういう体験が積み重なると、だんだん「その道」に嵌って行くのかもしれないと思った。個性の強い南のワインを発掘していったら、さぞかし楽しかろうと。

それと、絶品だったのが、写真の子羊の焼き物である。
子羊は私の大好物だけれど、実はその独特の臭みは苦手。とくに臭み強い脂身にあたってしまうと悲惨なことになる。けれど、この皿は肉が新鮮で、脂身も大変おいしかった。
そして、何といっても上に載っている串焼きがすばらしかった。抜群の香ばしさと絶妙な歯ごたえがある。

できることなら、次回はあのワインをボトルで頼んで、その串焼きだけを10本は頼みたい(それを依頼するには、もっとイタリア語を習得する必要があるが)。もしそれがご近所の焼鳥屋であったらなら、毎日でも通いたい。
ちなみに、その店のお隣はB&Bの入り口になっていた。次回(がもしあれば)は、そのB&Bに宿をとり、毎日串焼きを食べようと目論んでいる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の答えを入力してください。

プーリア

コメント:

トラックバック